2010年12月08日

“パンダ大使”梶原裕美子さん

12月に入り東京はすっかりクリスマスムードで
事務所の近所もこんな雰囲気。

DSCF420701.jpg







表参道のライトアップです。
昨年、11年ぶりに復活したこのライトアップですが
今年はなんと90万個ものLEDライトを使っていて
そのゴージャスさは格別です。
ただあまりにきれいなので
雰囲気を味わうというより
ケータイやデジカメで写真を撮る人のほうが
多いように見えるのは気のせいでしょうか。

さて。
中国と関わりが深い弊社としては、
9月のあの出来事はあまりに衝撃的でした。
成都と成田の直行便まで就航した矢先
(日本ではニュースになりませんでしたが
実はあったのです。
パンダを見に行くには
一番便利なフライトだったのですが)
それもなくなってしまうなど、
一時はどうなることかと思いました。

しかしそんな中
ほっとするニュースがありしまた。
“パンダ大使”に日本人女性が選ばれたというのです。

覚えている方も多いかと思いますが
中国ではパンダの現状を世界に伝えるための
パンダ大使こと「パンダ守護使(pambassador)」を
募集したところ
全世界からなんと約6万人の応募があり
9月末に6名が決まりました。
その一人として選ばれたのが、
梶原裕美子さんだったのです。

梶原さんはその後一ヶ月に渡り、
選ばれたパンダ守護使たちとともに、
成都パンダ基地を中心に
パンダに関する様々な研修を受けました。
そしてパンダの今を
主にネットで情報発信しています。

梶原さんは本当にパンダLOVEな人。
実は中国に渡る前の梶原さん会っているのですが
ここまで純粋にパンダが好き!
という人はめったにいないのでは?と思うほどでした。
しかもこの守護使の募集を知ったのは、
個人的にパンダを見に行くために
成都に渡ったことがきっかけだったのです。
そんなパンダへの熱い想いが通じて選ばれた
といっても過言ではありません。
もちろんその気持ちは
梶原さんのブログ『LOVE PANDA!』
読んでもよくわかります。

梶原さんは研修が終わった今も
成都に滞在していて、パンダの様子を伝えています。
昨日更新されたブログに掲載されたパンダの写真は、
本当にかわいさいっぱいです。
(私もパンダ基地に行って
パンダの写真を撮ったことがありますが
あそこまでかわいいパンダは
そう簡単に撮れるものではありません)

このパンダ守護使の任期は一年。
もちろんパンダはかわいいだけではなく、
大きな問題を抱えている動物でもあります。
そのことを含めて
梶原さんはパンダに関する情報を、
今後も発信し続けてくれることでしょう。
是非、梶原さんのブログにアクセスしてみてください。

梶原さんのブログ『LOVE PANDA!』
http://yumikaji15.blogspot.com/
posted by dragonfilms at 19:38| パンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。