2011年01月01日

あけましておめでとうございます。

年賀状2011日文.jpg





2011年がいよいよ始まりました。
このブログを読むのは仕事始めの時
という方もいらっしゃるかもしれません。

年末年始はいかがお過ごしでしたか?

私はおせちと日本酒(中国では美味しい日本酒となかなか出会えず、
これこそ日本で暮らすヨロコビの1つだと思っていますが)と
Mac(今更ですが、修行中です)
そして読書三昧でした。

今年は卯年ですが、龍影的にはこの年賀状にもある通り、
「パンダ年」となる予定です。
いえいえ、個人的には龍影的どころか、
日本的にも、そして世界的にも

2011年はパンダ年!

と信じていますが……。

そうなんです。
今年の春、いよいよ上野でもパンダと会えるようになりますね。
(上野に来るのは1月下旬ですが、
検疫などがあるのでもう少し時間がかかるそうです)。
先日からパンダの日本での名前の募集も始まり
(1月23日締切りです。
「名づけ親」となるチャンスなので是非!)
少しずつパンダへの注目度が高まってきていると思いませんか?

しかも実は日本以外にもパンダが贈られることになっていたりと、
このパンダブームは日本だけのことではないようなんです。

そんなわけで、パンダブームを期待しています。
ただもちろん、可愛いパンダは野生動物でもあるんだ、
と思うところもありますが、
それはまた別の機会に触れてみたいと思います。
(中国ではその取り組みも始まっているんです)

では2011年も、よろしくお願いいたします!


posted by dragonfilms at 00:00| Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

行く年、来る年。

2010年もあとわずか。

龍影も今年、さまざまなことがありました。
特に後半はパンダものをはじめ
「いろいろ密かに動いています」
という状態で、それは今でも続いているのですが……。

さて。
日本はクリスマスが終わるとあっという間に新年の準備。
その「変わり身の速さ」は本当に驚くばかりなのですが、
北京で暮らしていた時、
この時期でもクリスマス気分が残ったままでした。

あちらでは旧暦の新年、春節のほうが大々的なため
(どうも日本以外のアジアの国々は
旧暦で新年を祝うようです。
なお2011年は2月3日です)
1月1日は休日ですが年のはじめの日となるだけです。
だから12月の終わりになっても
年の瀬という感じがしませんでした。
しかも初日の出参りはともかく、
積極的に見に行くということもありません。

中国語でも1月1日は年のはじめの朝と書いて
「元旦(ユエンダン)」と言うのですが。

数年前、まだ東京で別な仕事をしていた時
たまたま年末年始を北京で過ごすことになり
その時、万里の長城へ初日の出を見に行きました。

行かれたことのある方はわかると思いますが
長城は山の尾根にあるため、実は猛烈な急坂と階段の連続。
日の出前、しかも厳寒期の山の頂上
おまけに街灯などというものはほとんどありません。
石造りの足元は凍りついていて、
登るのはともかく、降りるほうが危険な状態でした。

ひどく寒くて怖い思いをしたけれど
そのとき見た初日の出はまさに格別で
いつかこの街で暮らしたいと初日の出に願をかけたら
本当に生活することになったのですが……。

こうして北京暮らしを始めた頃
当時ルームメイトだった韓国人にこのことを話したところ

「いいねえ」

と言われ、今度は中国人の友達に話すと

「そんな寒い時に長城まで朝日を見に行ったの?」

と、ひどく驚かれてしまいました。
しかも「なんでそんなバカなことを?」と言いたげな顔で。
その後、いろいろな人にこの話をしましたが、
やはり同じような反応。
弊社でも中国人スタッフは同意見でした。

言われてみればあの時、
まわりから聞こえて来るのは日本語ばかりだったような……。

今では長城へ初日の出を見に行くというツアーもありますが
ターゲットは日本人ばかりのようです。

初日の出を歴史的、文化的に分析すると
いろいろと複雑なことが出てきそうですが
日本で生まれ育った一個人としては
そんなことよりももっと素朴に、
それだけでどういうわけか嬉しくなってしまうもの、
清々しい気分にさせられてしまうものだと思うのです。

でも。そんな違いがあるからこそ、
国と国との間はややこしくもなり、そして面白くもなるもの。
2011年は、その違いから見えてくる新たなものに、
取り組んでいきたいと考えています。

皆様には、来年も、いえ、
来年は今年よりもっと良い年であるよう、心より願っております。

祝您新年快樂!



posted by dragonfilms at 19:49| Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

“パンダ大使”梶原裕美子さん

12月に入り東京はすっかりクリスマスムードで
事務所の近所もこんな雰囲気。

DSCF420701.jpg







表参道のライトアップです。
昨年、11年ぶりに復活したこのライトアップですが
今年はなんと90万個ものLEDライトを使っていて
そのゴージャスさは格別です。
ただあまりにきれいなので
雰囲気を味わうというより
ケータイやデジカメで写真を撮る人のほうが
多いように見えるのは気のせいでしょうか。

さて。
中国と関わりが深い弊社としては、
9月のあの出来事はあまりに衝撃的でした。
成都と成田の直行便まで就航した矢先
(日本ではニュースになりませんでしたが
実はあったのです。
パンダを見に行くには
一番便利なフライトだったのですが)
それもなくなってしまうなど、
一時はどうなることかと思いました。

しかしそんな中
ほっとするニュースがありしまた。
“パンダ大使”に日本人女性が選ばれたというのです。

覚えている方も多いかと思いますが
中国ではパンダの現状を世界に伝えるための
パンダ大使こと「パンダ守護使(pambassador)」を
募集したところ
全世界からなんと約6万人の応募があり
9月末に6名が決まりました。
その一人として選ばれたのが、
梶原裕美子さんだったのです。

梶原さんはその後一ヶ月に渡り、
選ばれたパンダ守護使たちとともに、
成都パンダ基地を中心に
パンダに関する様々な研修を受けました。
そしてパンダの今を
主にネットで情報発信しています。

梶原さんは本当にパンダLOVEな人。
実は中国に渡る前の梶原さん会っているのですが
ここまで純粋にパンダが好き!
という人はめったにいないのでは?と思うほどでした。
しかもこの守護使の募集を知ったのは、
個人的にパンダを見に行くために
成都に渡ったことがきっかけだったのです。
そんなパンダへの熱い想いが通じて選ばれた
といっても過言ではありません。
もちろんその気持ちは
梶原さんのブログ『LOVE PANDA!』
読んでもよくわかります。

梶原さんは研修が終わった今も
成都に滞在していて、パンダの様子を伝えています。
昨日更新されたブログに掲載されたパンダの写真は、
本当にかわいさいっぱいです。
(私もパンダ基地に行って
パンダの写真を撮ったことがありますが
あそこまでかわいいパンダは
そう簡単に撮れるものではありません)

このパンダ守護使の任期は一年。
もちろんパンダはかわいいだけではなく、
大きな問題を抱えている動物でもあります。
そのことを含めて
梶原さんはパンダに関する情報を、
今後も発信し続けてくれることでしょう。
是非、梶原さんのブログにアクセスしてみてください。

梶原さんのブログ『LOVE PANDA!』
http://yumikaji15.blogspot.com/
posted by dragonfilms at 19:38| パンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

『你好北京』、ついにDVD化!

映画ではなく中国語学習の教材です。
龍影ではこういうものも作っているんです。

実はこの『你好北京』は、
ビデオでリリースしていたもの。
それを日本語字幕や中国語字幕も追加して
よりわかりやすく
そして初心者でも親しみやすく
DVDでリニューアルしました。
ニーハオペキンジャケット縮小.jpg



今、中国語を勉強する人が本当に増えています。
書店を見ても、CD付きのものは沢山出ています。
でも実は意外と少ないのがDVDの教材。


中国映画やドラマも便利ですが
向こうで販売しているものは
中国語字幕がついていても
初心者では歯が立たちません。

私も中国留学時に
中国ドラマを見てましたが
ある程度まで勉強しないと
中国語字幕だけでは
本当に難しいものでした。


でも学習教材以上のものが欲しい
そんな方に『你好北京』はまさにぴったり。

しかも出演は
NHKドラマ『大地の子』の養父役でおなじみの朱旭。
中国では名優中の名優として知られていて、
舞台のみならず、テレビや映画でも活躍しており、
ユーモアと温かさあふれる名演ぶりを
ここでも披露しています。

おっと、中身はそれだけではありません。
文法や単語も充実していて
日常会話で必要なことはほぼ網羅。
私も含め、このDVD化に関わった
北京留学経験のあるスタッフは
「これを覚えれば北京の生活は大丈夫」という感想。
私など、留学前にこれを知っていれば……
と思ったほどでした。
これだけのレベルとなると
他ではちょっと見られないかも……?
これを浴びるように聞けば
ヒアリング力の強化も間違いなしです。

今回、龍影のHPから申し込んでいただくと
4割引で購入できます。
さあ、みなさんもこの機会に
中国語を身につけてみませんか?
ご注文はこちらからどうぞ……『你好北京』



posted by dragonfilms at 14:55| Infomation ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

DVD-BOX、絶賛発売中。

龍影のホームページをご覧いただくと
これまで手がけた作品が結構あることにお気づきかと思います。
もちろんDVDで発売・レンタルされている作品もありますが
なかなか作品を見ることができず、あちこち探された方もいるかもしれません。
一体どこに行けばあるんだ?そんなことを思った方もいらっしゃるはず。

実はそんな問題を一度に解決してしまう
なんと3作品をセットにしたDVD-BOX
その名も『李纓監督BOX[事実≠真実]』(販売:TOブックス)が
発売されているんです。
あの話題作『靖国』からデビュー作『2H』
そして海外の映画祭で上映され高い評価を得た
“幻の”作品『モナリザ』が収録されています。
『靖国』には未公開映像『もうひとつの靖国』と
監督へのインタビューを収録した
特典ディスクも付いていて
実に3タイトル4枚組とボリュームも満点。

未見の方も、劇場で見たという方も、
この年末年始にDVDでゆっくりと鑑賞してみるのはどうでしょうか?

liyingbox.jpg
お求めはアマゾンからもどうぞ。
李纓監督BOX [事実≠真実]
価格:12,600円








posted by dragonfilms at 18:00| Infomation ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。